シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2006/08/23(水) 17:16:02

シックスクール

前回、タンポポさんより、人工芝についてのご質問をいただきました。

家庭でも、ベランダなどに使ってる方は多いかと思います。

人工芝のメリットは、転んでも怪我をしにくい

これにつきると思います。

あとは、見た目が良い その程度のものです。

勿論、学校や幼稚園・保育園では、怪我の防止のため、人工芝を利用し

た広場を作っている所も多いようです

せっかくですから、この事柄から話を進めたいと思います

こんにちは、管理人のkokinです


シックハウスと言う言葉以外に、シックスクールと言う言葉があります

ご存じですか?この言葉

まあ、シックハウス症候群の学校版みたいな話ですが、

考えて下さい?

学校や幼稚園などでは、人を沢山扱っています。

アトピーの子もいれば、全く健康な子もいます

さらに言えば、障害を抱えてる子供さんもいます。

その中で、シックスクール症候群という病気に掛かってしまうのは

実は、凄い難しいことなのです。

勘違いしないで下さいね、掛かるのが難しいわけではありません

例えば、50人クラスにいるとします。

その中の30人が、その病気に掛かったとしたら

それは間違いなく、改善の方法をとりますよね?

しかし、それが1人だけだったらどうでしょう?

1人のために改善策を投じると思いますか?

多分、あり得ないと思います。

よっぽど理解のある担任と、よっぽど理解のある校長先生

さらには、生活指導や、教頭先生など

ほぼ、すべての先生が理解を示さないと、改善は難しいのです。

人によっては、

音に敏感な人も居ます。

臭いに敏感な人も居ます。

地震に敏感な人も居ます。

色々な敏感の中で

化学物質に敏感な人だけ掛かってしまう事もあり得るわけです。

最近の学校も馬鹿では無いので、ある程度の安全基準を設けています。

改装などには、シックハウス対策をする事や

チョークの粉が体に悪いため、黒板を排除して

ホワイトボードで授業する学校などもあります。

しかしながら、化学物質に敏感な子は

その、ホワイトボードで使用する

マジックペンなどに反応してしまったりします。

今までも使っていた、床用ワックスに反応してしまう子もいます。

さらに言えば、体育で使用する、ゴムボールすら、駄目な子もいます。

そして、一度発症してしまうと、簡単には治りません。

それが、学校に通う間、何年も続いてしまうことになります・・・・


これって、怖くないですか?

だって、家庭なら、何らかの手だてを、親である自分などが

こうじることも出来ますが

学校では、担任の先生の理解がよっぽど無い限り、難しいのです。

下手に知識のない先生は、なれれば治る、だから無理矢理やらす!!

何て、大きな間違いを犯す人だって居るわけです。

食物アレルギーの子に、頑張って食べれば治ると

アレルギーの物質を食べさせようとする人だって居るんです。

そして、冒頭であげた、人工芝

私の調べた所、やっぱり化学物質の仕様のため

アレルギー反応が出る可能性が高い物でした。

体育などで使用すると、経皮毒の心配すらあります。


こういった知識、多分、誰も教えてくれません。

自分で、こういった知識を入れて、根気よく先生を説得するしかないのです。

知識は身を守る

自分だけではない、家族のためにも、知識はしっかり身につけましょう
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
先週、化学物質過敏症の子供達の

特集をテレビでやっていました。

この学校の場合は、校長先生が理解

ある人で、この子に負担がかから

ないように、改善出来る所はされて

いました。

まだまだ、理解されることが難しい

病気なんで、一人でも多くの人が

理解していく事が大切ですね。



2006/08/23(水) 20:14:40 | URL | ozami #bRZ4c92Q[ 編集]
早速ありがとうございます!
いろいろ教えていただき、本当にありがとうございました。
ちなみに、自分のブログには、園が特定されても嫌なので、製品名を入れませんでしたが、
http://pg.hibrid-turf.com/index.html
です。

シックスクール、本当に人事ではありません。
かかってしまってからでは遅いので、なるべく、危険な要素を減らしながら生活していきたいですが、
難しいなあとつくづく思います。
今回、幼稚園も、化学物質だから心配という考えは全くなかったようです。
大多数のお子さんが大丈夫でも、うちの子が大丈夫と言う保障はないのですから、何とか守ってやりたいとは思うのですが…。
2006/08/24(木) 10:23:58 | URL | たんぽぽ #dtQh1K/6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。