シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
いきなりですが、昔住んでいた家を思い浮かべてください
そこには、何が浮かびましたか?

家一軒丸ごと見た風景でしょうか?
自分の部屋でしょうか?

家族の団らんの風景でしょうか?

懐かしい風景を思い浮かべましたか?

おいらは、何故か、家の真ん中に立っていた柱を思い浮かべました。

普通の木で出来た普通の柱なんですが、何か色々と思い出が有るみたいです。

昔の記憶、今でも大切ですよね

ちょっとノスタルジックになっている、管理人のkokinです。


経皮吸収について、これまで纏めていました。

これは、シックハウス症候群と関係有るのでしょうか?

実は、これもシックハウスとは関係有るわけです。

前回の抗菌について、様々な事を思われる方がいました。

抗菌コート、聞こえは良いですが

抗菌剤の主成分は

グルコン酸クロルヘキシジンと言う成分で
発疹や目眩を起こす可能性があります。

これが、経皮吸飲で体内に蓄積されるわけです。

有る程度の量が蓄積され、それが皮膚炎として出たりします。

シックハウスの原因は、化学物質による汚染ですが

実は最近では、経皮吸飲も、大きく関わっている事がわかっています。

その、抗菌コートされている物が、建材として使われているのです。

このことも、シックハウス対策として、是非覚えておいてほしかったわけです。

そして、今回は化粧品の経皮毒について、少し触れていきます。

化粧品は女性には、必要不可欠の物になっていますね。

実際、化粧をしない人は、会社関係では嫌われたりします。

さて、この化粧品

うたい文句だけで選んでいませんか?

肌がもちもちするとか、美白とか

色々うたい文句はありますよね。

どれも魅力的です。

化粧品の大半は、化学物質が大量に含まれていることは認識していますか?

乳化剤としてクリームなどに入っている
ジエタノールアミン(DEA)・トリエタノールアミン(TEA)

この物質は、体に取り込まれると発ガン性があるニトロソアミンを生成すると言われています。
つまり、とても危険化学物質です

殺菌剤として化粧水に使われている
モノステアリン酸ソルビタン

この物質は、化粧品など経皮吸収の場合脂肪組織に蓄積されてしまい
発ガン性があることがわかっています。

ファンデーションなどに使われている
プロピレングリコール

この物質は、ほとんどの化粧品や洗剤に使用されていて
保湿効果・浸透作用・乳化作用に利用されていますが
経皮毒として接触性皮膚炎を引き起こすことがあり
経口吸収されると、腎臓障害を起こしたり中枢神経を狂わせたりします
この物質は、アレルギー性物質と言われています。(アレルギーを引きこす物質)

保湿剤、湿潤剤として化粧石鹸、乳液などに使われている
グリセリン

この物質は、機械のなどの潤滑油などとして使われている物質と一緒です。
かなり、色々な物に入っているのですが、アレルゲンとなることもあり
皮膚や呼吸器などの粘膜への刺激、消化器吸収で吐き気や腎障害を起こします。

着色料として、口紅などに使用されている
タール色素

この物質は、コールタールという物質と一緒の物で
コールタールは、道路の舗装などで使用しています。
そして、タール色素は合成着色料の中でもっとも毒性が強い物質で
発ガン性はもとより、アレルギーを引き起こしたりします。
食品での使用は禁止されているほどの毒性がありますが
口紅での使用は許可されています。
全く理解しがたい状態です。

色素としてファンデーションなどに配合されている
カドミウム

このカドミウムは過去に起こった公害
イタイイタイ病は、このカドミウムが原因でした。
イタイイタイ病は、体中に針を何千本も刺されているような痛みを伴い
かなりの苦痛を味わうだけではなく、骨も脆くなり骨折しやすくなります。
カドミウムは、体内に蓄積されると30年は残留すると言われています。


代表的な物だけをピックアップしてみましたが
この事実をみて、まだ成分じゃなくて、うたい文句だけで化粧品を選びますか?

まだまだあげていない、怖い物質も沢山あります。
こういった成分は、調べようとしたら色々と調べられます。

うたい文句より、体に良い物を選んでください

最後に

女性は、化学物質を経皮吸収される率が高いです
それは、日々の家事で、洗濯用の洗剤
お皿など洗うときの食器用洗剤

さらには、今あげた、化粧品やシャンプーやリンス・ボディーソープなど
化学物質が使われていない物を探す方が大変なぐらいです。

そう言った物が蓄積されて、本人に症状が出る以外にも
その毒素は、体内で育つ赤ちゃんにまで移ってしまいます。

日々の生活から蓄積された毒素が、自分の生まれてくる大切な赤ちゃんにまで影響を及ぼしてしまいます。

出来たら、化学物質を出来るだけ使わない生活を送りたい物です。

貴方の健康は、家族の健康です
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
怖くて何も出来ませんね。考えたら。塗装の材料も最近では環境対応になりましたが、それでも、いろいろはいってますもんね。難しいですね。
2006/07/08(土) 07:14:30 | URL | 熊本市の塗装屋さん #V5TnqLKM[ 編集]
危ない化粧品
経口吸収じゃないですけど、経皮吸収は知ってました(*^ ー^*)

大学生の時に日本消費者連盟の「危ない化粧品」って言う本を読みました。kokinさんの記事のように薬剤の詳しい話ではなく、「女性が何で化粧をするのか」と言う視点から考察する話だったんですけど・・。

でも、それを読んで私は化粧をすることがバカバカしくて、恐ろしいことだと思いました。
ナチュラルメイクな~んて言うけど、だったらしなきゃいいのに~って(笑)原価20円程度のものを何千円で売ってるのもそこで知りました。あれは中身ではなく容器代です(笑)
2006/07/08(土) 07:18:51 | URL | 三毛猫 #-[ 編集]
kokinさんへ。
やばいです。。
わたし。。。
d(>◇< )

ちょっと前も、美白化粧品に成分が
発ガン性物質だったことも
あったような・・・
_(-_-)_

紫外線も怖いし、
化粧品も怖いのですね、、

お化粧しないと、
外出れないし・・・
よく見て使うの決めたほうが
いいですね。。
(⌒▽⌒)

ありがとうございます。
2006/07/08(土) 10:47:20 | URL | towami #-[ 編集]
女性にとって、

化粧は身だしなみの一つだと思って

いますが、使われている成分を見極め

て使うことは必要ですよね。

kokinさんのブログを

1人でも多くのかたに読んでもらって

経皮毒について、理解してもらえると

いいですね。分かりやすいです。

2006/07/08(土) 12:47:51 | URL | ozami #bRZ4c92Q[ 編集]
kokinさんへ その2
おはようございます。
(^○^)

わたしは、
今日もお仕事です。
今日はお出かけです。
がんばります!!
(⌒▽⌒)

すみません。。
おじゃましました。。。
2006/07/09(日) 09:34:26 | URL | towami #-[ 編集]
こめちゃんさんへ

実は、塗装業をしてるいる限り、どうしてもついて回るシックハウス。
成分をよく理解をしていくことはこれからの課題だと思います。
この物質は危険、この物質は安全(ほとんど安全な物は有りませんが)
この場合は、この塗料を勧めるべきなどの知識は、絶対これから必要だと思います。

三毛猫さんへ

化粧品は、女性として絶対に知っておくことだと思います。
これだけ情報が飛び交う時代なのに、いまだ危険性を考えない人が多いのが不思議でしょうが有りません。
確かに、妥協して使う面も有りますが
最低限、どんな物質が入ってるか理解するべきですよね。
値段も、実際、もっと安かったりしますし、高いお金出して、毒吸収って、、、、これで良いのでしょうかねえ
2006/07/10(月) 22:19:25 | URL | kokin #-[ 編集]
towamiさんへ

2回も書き込んで頂き、ありがとうございます。嬉しいです♪
化粧品は、女性にとって、不可欠みたいな時代
でも、健康を考えるなら、成分はキチンと知っておくべきです。
経皮毒というのは、思っているより怖い物で、いきなり症状として出たときにはかなりやばい状態になってたりします。
それは蓄積による被害のためです。
どの化粧品が良いと言うことは、私は言えませんが、色々考えてやった方が、お肌のためにも、自分のためにも、これから生まれる、自分の子供のためにも良いことだと思います。
健康被害を受けた子供が生まれた場合、自分、もしくは旦那さんに、間違いなく原因があります・・・

ozamiさんへ

実際どれぐらいの人が読んでいるのか不明ですが
この件で、少しでも自分を大切にしようと考えてくれる人が多くなると良いですよね。
自分の健康、家族の健康は、自分で知識を付けて守る

これからは、これが必要だと思います。
2006/07/10(月) 22:26:16 | URL | kokin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。