シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
雨が降り続いた時があったため
もう、梅雨だと思ってたら、全く雨が降りません
いったい何なんだろうと考えながら
新しい傘を買おうか悩んでいる、管理人のkokinです

さて、前回、外装の塗装と言うことで纏めました
今回は内装の塗装になります。

内装の塗装は、大きく分けると3つの塗る部分が有ります。

一つは、ドアや窓、襖などに付いている枠や、ガラス枠
などの、木部

次に、天井や壁などで、ボードでできている部分の塗装

3つめは、水回りの、鉄部やコンクリート面

と、3種類有ります。

まずは、窓枠などの木部ですが
実は、これは多種多様に有ります。
天井と、壁の境目にある まわりこ
壁と、床の境目にあるのが はばき
勿論、ドアや窓の、窓枠やドア枠

その他いっぱい有ります。

使われている塗料は、オイルステイン・ニス(塗装用語ではクリア)・ペンキ
などが多く、水性塗料が使われていることはまずありません。
すべて溶剤です。(下塗りでは水性を使用することもあります。)

オイルステインというのは、木の木目を綺麗に見せるための塗料で
木に、吸い込ませている程度で、材料は粘度がありません。
その上に、クリア(ニス)で塗って艶を出して、綺麗に見せれるとともに、汚れからも保護します。

ペンキは、洋室や、そのドア似合わせた色を塗ることが多い

最近では、ペンキ仕上げや、オイルステイン仕上げの加工がしてある物を、使用することが有ります。

塗装なのか、加工品なのかの見分け方としては、つなぎ目(四つ角など)に、塗料が入り込んでいるか、いないかです

材質については、弱溶剤を使用していることが多いため、どちらの仕上げでも、毒性はあまり変わりません。

次に、ボード面に塗装がしてある時が、まれにあります。
ほとんどが、水性を使用していますが、油性を使用しているときも有ります。

塗装してあるか無いかの見分け方は、目地がある場合は先ほどと一緒で、目地部に有る隙間に、塗料が流れ込んでいるかいないかを見る。

目地部が全くなく、ふらっと面なら・壁などに付いている窓枠などを見て、隙間が有れば塗装していません。
逆に、隙間が埋まっていて、同じ色が付いていれば、塗装してあります。
材質の見分け方は艶が有る場合は、大抵が、水性です。
つや消しの場合はホームセンターで、外部と一緒で、目立たない所を、ラッカー薄め液で、拭いてみて下さい。

軽く色が取れるなら、油性、取れにくかったら水性です。

3つめの、水回りは
キッチン、トイレ、お風呂(洗面所も含む)が有りますが
キッチンは、最近の傾向として、塗装することはまずありません。

トイレは、むき出しの水道管がある場合は、塗装がしてあるときがあります。
ステンレスや、アルミ、メッキ以外のパイプで色が付いている場合は
弱溶剤の塗料で塗ってあります。
まれに天井が塗ってあることが有りますが、トイレに関しては
油性を使うことはまずありません。(これは、狭いから普通に塗る人が大変なため。)

そして、一番問題なのがお風呂です。
お風呂は、最近の傾向としては、壁はタイル張りが多いのですが
天井は、塗装をしてある場合があります。
基本的に、艶がある場合は、水性の艶ありが塗ってあるのですが
つや消しの場合は、油性が塗ってあると思って、まず間違い有りません。水性のつや消しは、水に対しての耐久性が弱いため
お風呂などでつや消しの水性を塗ることは有りません。

纏めると、木部で使用される塗料は、オイルペイント(ペンキ)もしくはウレタン塗料

ボード部に使用されるのは、水性の艶あり、つや消し、オイルペイントのつや消し。

水回りや鉄部に使用されるのは、鉄部ならオイルペイントもしくはウレタン塗料。水回りの壁や天井は、油性のつや消しか、水性の艶あり

となります。

注意点として、ボード部の塗装が施して有る部屋で、眼が痛いことや喉が痛い・頭痛がする・臭いが気になる場合は、一度専門家に相談して下さい。

特に、トイレやお風呂など、密室になる狭い空間で、そのような症状が起こる場合は、かなり危険な状態です。

その他、最近では、土壁が見直されていて、漆喰や珪藻土などが使用されていることが有ります。
この辺りは、触ってみるとざらざらしています。

どうしても、わからないときは、担当の人に、素直に聞きましょう。

と、以上、塗料について纏めてみましたが
わからないことが有れば、気兼ねなく質問して下さい。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
こんにちわ
お言葉に甘えて、ちょっと質問してもいいですか?
ウチのフローリングは、色だけ2種類に分けてあるんですよ。
子供部屋は薄い天然ぽい色。
その他は濃い茶色です。
見た目の艶とか素材感は同じなんですけど、これって両方とも
塗装してあるんですかね?
2006/06/07(水) 18:41:07 | URL | なが #-[ 編集]
ながさんへ

フローリングの話ですが
建て売り住宅でフローリングは無垢材を使用することが無いので
製品性、つまり、加工品です。
合板と一緒の種類になりまして
塗装加工してあるため、実は一番やっかいな物です。
合板に、塗装加工済みの製品
つまり、塗料の溶剤もふんだんに使われていて、さらに、合板特有の接着剤、さらには、防腐剤、断熱材が使用してあります。(断熱材は発泡スチロール状の物が裏に張ってある事が多いです)

もし、無垢材で指定して有る場合は、塗装してありますが、防腐剤、断熱材が直接付いていることが無いため、まだ安心です。

以上、質問の答えになりましたでしょうか?
2006/06/07(水) 22:06:40 | URL | kokin #-[ 編集]
kokinさま
おじゃまします。。
土壁とか、漆喰とか
素敵ですね。
人にも環境にも
やさしくて、、
(ですよね???ちがってたりして???)
日本の昔ながらの家って
優しいのですね。
(〃⌒▽⌒)八(〃⌒▽⌒〃)八(⌒▽⌒〃)
2006/06/08(木) 13:21:02 | URL | towami #-[ 編集]
towamiさんへ

土壁・漆喰は、味があって良いですよね。
人にも、環境にも優しい、日本人の知恵ですよね。

昔の木造建築の家というのは、環境にも、人体にも優しい作りでした

しかし、今、昔の家を再現すると
値段がとんでもないことに(汗
2006/06/09(金) 00:37:02 | URL | kokin #-[ 編集]
う~ん、すごすぎ!
完璧なお答え、ありがとうございました。

やっぱkokinさんの知識は並みじゃないですね。
勉強になりました。
2006/06/09(金) 07:36:04 | URL | なが #-[ 編集]
ながさんへ

とりあえずわかる範囲でしか、答えられない現状ですが、役に立ったのでしたら、良かったです。
まだまだ、おいらも勉強勉強の毎日ですが、こんなおいらでも役には立てるんだと、少し嬉しくなりました。
2006/06/09(金) 13:21:12 | URL | kokin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。