シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
最近、キューピーのたらこの歌がCD化されたらしいですね。

って、なんのことだ?というかたは

http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00117/v00261/v0026100000000284971/

こちらに動画のPVがあります、見て下さい(9/4まで無料配信)

最初にちょこっと宣伝が入りますが気にしないでくださいw

この歌のサビの

たらこ~たらこ~たっぷり~たらこ~♪

と言う部分が頭から離れなく

気がつくと呟いてしまっている

33歳の夏が終わるのを感じている管理人のkokinです


さて、冒頭で全く意味のわからないタイトルのわけですが

たらこ~たらこ~たっぷり~着色料

だとしても平気ですか?

こう言われても、平気だよ?と言いきる人も多いかも知れません。

では、言い直して

着色料は、実は石油から大半が作られ、化学物質でもあり

実は、アレルギーや発癌性があったり、下痢を引き起こす原因

だとしても、平気ですか?



では、今回はたらこに犠牲になって頂き、どんな感じが見て貰いましょう

たらこの製品表示は、こんな感じです

たらこの食品表示


画像を見て貰うと解りますが

使われている着色料は

赤色102号

黄色5号

赤色3号


この3つのようです

とりあえず、この三つの説明から

赤色102号

洋菓子・ソーセージ・ハム・漬け物などの幅広く使われている。
アレルギー性が確認されているため、アメリカ・カナダ・ベルギーなどでは使用が禁止されている


黄色5号

お菓子や清涼飲料水によく使用されている。
発癌性やアレルギー性・下痢の原因の疑いがある


赤色5号

洋菓子やかまぼこ・漬け物などに良く使用されている
一部の研究者からは
発癌性・赤血球減少・発育異常・下痢の疑いがあると報告している。
アメリカ・ドイツ・ポーランドなどでは、食品への使用は禁止されている。


いかがですか?

この状況を見ても、たっぷり着色料でも大丈夫と言いきれますか?

私は無理です(汗


もう一つ、発色剤という物があるのに気付いた方もいますよね?

この物質は

亜硝酸Naとなっていますが、亜硝酸ナトリウムを略して書いてあるだけです。

この亜硝酸ナトリウムは,魚肉などの第二級アミンと酸性下で反応して,強い発がん物質であるニトロソアミンを生成することが知られています。
しかし、この物質、通常食べる、緑黄色野菜にしっかり含まれている物質でもあります。
そのため、安全か安全じゃないか意見が真っ二つに分かれているようです。

私の考えとしては、食品に最初から含まれている物は、それでいい
しかし、他の物に注入されているなら、注意した方が良いかな?

と言う感じです

実際、着色料など、添加物は、こういう怖い物質だと言うことを

知って貰うため、今回は纏めてみました。

シックハウスに関係ないだろう?と思った方

認識不足です

こういう化学物質を取り入れた蓄積により

アレルギーや喘息、シックハウスなどの病気を引き起こすのです

最後に、今回、たらこを例に出してみましたが

たらこの製品だけを、悪く位置づける物ではありません。

通常、他の製品にもしっかり含まれています

今一度、食品表示をよく確かめて、お買い求めください
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。