シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
ちょっと前にこんな話をしました。
おいらは、脂性のため、髪の毛を2日洗わないと、ベタベタ状態になります。
風邪を引いて、髪が洗えなかった時、それを見て
今日は、整髪料を付けてきたんだねと、言われました・・・
おいらは、普段は整髪料は一切使っていません!!
まあ、それでも問題ない仕事をしていたからですが・・・・

そこで、いや整髪料何て使ってないよ、ただ頭洗ってないからベタベタなだけと、答えると
その人は、羨ましいと言うんです。

整髪料無しで、髪がセットできると、思い込んでいます!!

流石に唖然として、言葉が出ませんでした。

髪の毛洗わないと、臭いからいやなんですが、、、おいら

こんな知り合いをもっている自分もどうかと思いますが・・・

と、深く考えている管理人のkokinです。

経皮吸収の2回目と言うことで

かなり怖い話をします。(ぉ

毛頭出も書きましたが、髪の毛を洗う頻度って、どれぐらいでしょうか?
2日に一回?
3日に一回?
毎日?
一週間に一度

色々な人がいると思います。

髪の毛を洗う時、何を使用していますか?

大半の人が、シャンプーだと思います。

実はこのシャンプー、非常に多く合成化学物質を含んでいます。

物質的に危険な物もありますが問題は

有害物質の侵入を助ける作用がある物質まで含まれているのです。

その物質は

プロピレングリコール
もしかしたら、名前は聞いたことがある人もいるかもしれません。

成分表示には PG と略されていることもあります。

実は、この物質、シャンプーだけではなく、化粧品や、保湿剤、乳化剤として、入っているのが当たり前のように使用されています。

他の有害物質の侵入を助けるだけではなく、この物質その物も

目や皮膚の刺激、目の発赤・痛み、大量に摂取すると
頭痛、吐き気、麻酔、痙攣、昏睡などを起こす可能性もある


そして、驚きなのは、この物質、

赤ちゃんのお尻ふきのティッシュにも使われています

角質層が未発達な赤ちゃんの上、お尻など性器という無防備な所に使用されている

こんな事実、知らないで良いのでしょうか?

できれば成分表を見て、使用していない物を選びたい物です。

特に、世のお母さんや、お母さんになる予定の女性は

特に気をつけて下さいね
スポンサーサイト
 
2006/06/27(火) 11:38:56

経皮吸収を知っていますか?

毎日、歯を磨いていますか?
毎日、シャンプーしてますか?
毎日、体を洗っていますか?
毎日、洗剤を使って、食器を洗っていますか?

などと聞いていると、毎日、ブログ更新してますか?
と、聞かれたら、元も子もなくなる、管理人のkokinです。


化学物質を、体内に取り込んでしまう過程は3つあります。

口から取り入れる 経口吸収

呼吸などで取り入れる 呼吸吸収

そして、あまり知られていないのが 経皮吸収
皮膚からの吸収です


経皮吸収について、纏めてみようかと思います。

皮膚から吸収って、そんなことは無いだろう?

こう思う人はいっぱいいると思います。

普通はそう思いますよね

とりあえず、解りやすい話しをしますと

禁煙したいと病院に行くと、ニコチンの錠剤などをいただいて

タバコの数を減らしていったりするのですが、

禁煙には、禁断症状が出ます。

タバコのニコチンには、中毒性があり、非常に強い依存性があります。

ニコチンに依存していまい、タバコはやめにくい

と言うのが、禁煙しにくい理由です。

そして、禁煙治療の中で、ニコチンパットと言われる物を使用することがあります。

さて、これはどんな物でしょうか?

実は、湿布のような、貼り薬です。

それを指定された場所に貼り付け、皮膚から吸収するのです。

これが経皮吸収です。

経皮吸収については、アレルギー性皮膚炎の方や
アレルギー性皮膚炎の家族をもたれている方は、特に注意されている事だと思います。

経皮吸飲しやすい、部分はどこでしょうか?

皮膚にも、形式があります、手のひらと、手の甲では、見た感じでも、作りが違いますよね?

実は、皮膚の角質層の厚さによって異なります。

と言うことで、腕の内側を1とすると

もっとも危険な所は、性器(爆)
なんと、腕の裏の42倍です

そして、アゴも13倍と高かったりします

頭が3.5倍

額が6倍

脇の下が3.6倍

と高い数値の反面

手のひらなどは、角質層が厚いため0,83倍

かかとは0,14倍と、低くなっています

と言うことで、今回はここまで

次回は、経皮吸収が怖いと言うことについて触れます。

読んだら、本当に怖くなるかも?
 
2006/06/27(火) 09:46:29

壁材の選択2

最近、野菜をもらうことが良くあります。
この時期は、ネギやナス、胡瓜などが多いです。

白菜などもらうと、凄い立派な物をいただき
お店では見れないような大きさです。
この野菜は、ほとんど農薬を使用してないため、虫に食われていることもありますが
普通に買ったら、けっこうな値段しそうです・・・・

キャベツや、胡瓜、トマトなどをいただくと、早速サラダにして食べたりしますが、これが美味しい!!
お日様をいっぱい浴びて育った野菜は、美味しいですねえ♪

皆さんは、野菜を買うとき、どこで買いますか?
スーパー?八百屋?
それとも、農協って言う人もいるかもしれません。

そこで、一つだけ気をつけてほしいのは
野菜を使用するときは、栄養価も大事なのですが
キチンと水洗いをして下さい。
水洗いをすることで栄養価が失われる場合もありますが
農薬の、結構被害は凄い怖い物です。
野菜を食べているのではなく、農薬を食べてる事になりかねません、ご注意を。
付け合わせのパセリなどは構造上農薬が洗っても取れにくいので食べない、管理人のkokinです


壁材の2回目と言うことで、壁紙事、クロスについて触れていきます。

クロスについて、纏めようとしてたとき、友達から電話で、今、クロスについて纏めてるから、あとで掛け直すと言いい

クロスだけにクロースるんだよ(苦労するだよ)と、寒いギャグをとばしたら、5秒ぐらいの沈黙がありました

と言うことで本題に

このクロス、今までも、数度出てきていますが
いくつか種類があります。

まずは、一番問題とされている

ビニールクロス
化学物質が豊富に使用されているが、値段が安く、施工しやすい
さらには、汚れにも強い、と言う利点があります。

紙製のクロス
和室などでよく使用されているクロス
紙本来の暖かさ、和に合う質感
そして、空気を通す、呼吸すると言う利点がありますが
汚れに弱い、湿気に弱い、がらの感じで、施工に技術がいる
などの欠点もあります。

布製クロス
和洋、どちらにも合わせやすい布製
紙同様、呼吸をすることも知られています
質感は、ざらざらしていますが、材質的には丈夫
しかし、紙同様、湿気に弱く、伸縮も激しいため
剥がれやすいと言う欠点もある


と、大まかにあげると、3種類あります。

勧めるのは、やはり、紙か布

どちらも値段的にコストが掛かりますが・・・・・

そして、もう一つ問題があるのが
クロスを貼り付ける時の接着剤

この接着剤にホルムアルデヒドがふんだんに使われている事が多いため

最低限、

ノンホルムタイプ
(ホルムアルデヒドをすべて排除しているわけではありませんが、飛散率が低くなっています。)

を使用して下さい。

そして、一つ裏技として

クロスを貼る下地は、前回出した、プラスターボードが使用されていることが多いのですが
水回りや、固定物(棚などを固定する場所)がある場合は
コンパネと言われる、合板が使用されています。

今までもあげてきましたが、この合板も問題があります。

そこで、下地処理として、クロスを貼る壁面に
炭塗料を塗ると、空気汚染物をある程度吸着してくれます。

炭本来の、吸着機能を利用した、この塗料は、色々な場面で使用できますが、壁紙のしたに塗ることで、接着剤の化学物質を吸着してくれるだけではなく

呼吸する壁紙と併用することで、湿気にも多少対応できるようになります。

コストが掛かりますが、この下地作業を行うことで、壁紙、下地剤を
長持ちさせる作用もあります

さらには、炭本来に含まれる、マイナスイオンを出すなどの効果もあります。

是非、試してみて下さい。
 
2006/06/22(木) 23:12:02

壁材の選択1

しばらく雨が続くようです
したがって、夜歩くことができなくなりました
と言うことで、ブログに没頭しようかと思いなが
どっちの料理ショーの魅力に負けている
管理人のkokinです


数ある内装材の中で、どの壁材が一番良いのか?
と言うことを聞かれました。

私は、即決で答えました。

予算しだいだと・・・・・

まあ、そんなことは解ってますよね、はい、すいません。


内装で言う壁材で、まず考えないといけないのは
ボードの使用という面です。

最近の主流は、プラスターボードと言われる、石膏ボードを使用する事が多いです。

プラスターボードの特徴は

不燃性

防音性

施工のし易さ

値段の安さ

このあたりになります。

9.5㎜と12.5㎜があり

9.5㎜が準不燃材

12.5㎜が不燃材


と認定されています。

このプラスターボード、実はそれほど害がある物ではありません。

強いて言うなら、石膏の上に接着してある紙
その接着面に、微量の接着剤が使用されている

その程度だったりします。

もう一つ注意する点は、ボードを二枚張り合わす事があり
その時に使用する接着剤

特に、天井は、落下防止のため、しっかり接着剤を使用していることがあります。

そのあたりが注意点です。

プラスターボード、その物では見栄えが悪いため
その上に、壁紙(クロス)を貼り付けるか、塗装をする

もしくは、その上に、化粧ボードと言われる、柄などがついたボードを貼ったりします。

天井に化粧ボードを使用することは、良くあります。
オフィスなどでよく見る

虫食いのような柄のボードなどがよく見る物だと思います。
あれは、ジップトンなどの別名もあります。

次回は、クロスについて触れます
 
最近、健康のために、夜歩いています。
まあ、ダイエットも兼ねているわけですが
夜の街を歩くのも楽しい物です。
でも、不審者と間違われないように気をつけながら歩いている
管理人のkokinです

ちょっと前に、こんな話で相談を受けました。
建て売り住宅を買って、2年になるその人
息子さんのアトピーが酷くなってきたことを考えて
家を改装したいと言う話でした。

しかし、息子のためだと言っても、改装費用が簡単に出せるわけでもありません。

そのため、とりあえず息子さんが生活する部屋を改装する事にしたそうですが、それでも予算が難しいとのこと

つまりどこから改装すると良いのかと言う話でした。

と言うことで、建て売り住宅で改装する時の順番を纏めます。

その家の息子さんの部屋は、壁がビニールクロス貼り。
床はフローリング合板でできていました。天井も木目調の合板が貼ってあります。

さて、こういう時の優先度となると、一体どうなるのでしょうか?

VOCは、基本的に空気より重い
そのため、下の方にたまる性質があります。

となると、どうなのでしょう?
そう考えると、天井?と言うことになるのでしょうか?

実は、優先度で一番高いのは、床のフローリング合板です

何よりも、汚染度が非常に高いのが、このフローリングの合板でして
揮発率も高い上に、人体に一番近い!!

そう言う理由で、まずは、床のフローリングを変えることをお勧めします。

フローリング合板をはずして、無公害の畳に変えてしまったり
無垢材を使用してVOCの率を下げる事が非常に有効です。
ちなみに、ダニアレルギーの人がいる場合は、畳はやめておいた方が良いです。

次に気にする所は壁です
壁のビニールクロスは、その製品だけではなく、それを貼り付けるための接着剤も危険な物だったりします。

壁のビニールクロスを取り外し、内側のボードも取り外し
壁に無垢材を使用する方法
ビニールクロスの上から施工できる、珪藻土を上から盛りつける。
シックハウス対策が、しっかり取れている炭塗料や自然塗料(できたら吸着効果のある物)を塗る
などの対策があります。

最後に、天井は
最近注目されている、珪藻土パネルを使用したり
やはり無垢材を使用すると良いと思います。
勿論、自然塗料などで吸着効果のある物もお勧めします。

と、以上、こんな事を伝えました

天井と壁が、同じビニールクロスの場合、吸着効果のある自然塗料を使用すると、コストが少なくて済みます。

床のフローリングも、無垢材は高いのですが、塗装を自分でやるとだいぶコストを下げる事ができます。

予算に合わせて、考えてみて下さい
今、改装を考えていると言う方で質問などある方は、お気軽にどうぞ
 
2006/06/19(月) 23:14:00

パラジクロロベンゼンの話

そろそろ、春物も終わりと言うことで、夏物と入れ替えをしないとなあと考えました。

でも、Tシャツは、年がら年中着ています(下着代わりに)
まあ、どっちにしても、防虫剤入れないとダメだなあと
思えるような服が全くない、管理人のkokinです

パラジクロロベンゼンという物質をシックハウス中級の1で纏めました

おさらいすると

パラジクロロベンゼン

通常、無色か白色の結晶で常温で気体になる。
特有の刺激臭がして15~30ppmで臭気を感じ80~160ppmで大部分の人に、目や皮膚・気道に刺激を受ける
また、肝臓、腎臓などの内臓にも影響を与え、機能低下または傷害を引き起こす怖い物質。
マウス実験では発ガン性が認められたが、今のところ人にたいする発ガン性は低いとされているが、発ガン性があると認識して良いと思う。
主に使われている物質・建材は
衣服などの防虫剤・トイレの芳香剤や消臭剤

と言うことでした。

この物質、今は、人に対する発ガン性があると言うふうに認定されています。
詰まり、危険な物質だということは、もう理解できるはずですよね

しかし
防虫剤


こんなにしっかり使われています

市販の防虫剤を、しっかり見てもらうと解ります。


貴方は、発ガン性があると解っていても

まだ、このタイプの防虫剤を使用しますか?


 
初めて会う人に対しての、信用してしまう心理条件があります。
いきなりなんだ?と思いますよね。
簡単に信頼される人というのは、実は否定をしません。
それも大きいのですが、一番大きいのは
その人の話をよく聞いて、それに対してきちんと答えてくれる人です。
つまり、聞き上手です
できる人は、この聞き上手を上手く利用しています。
中々そのレベルまで到達しないなあと思っている管理人のkokinです


ちょっと前、こんな話がありました。
最近、建材屋塗料などに、シックハウス対策で表示されるようになった

F☆☆☆☆(☆は2~4)

と言う等級があります。

これは塗料などには良く表記されているのですが、一般建材も表記されている物があります。

実はこの等級、内装材に使用する時の制限を表していまして

F☆☆☆☆は、無制限に使用できる。
F☆☆☆~☆☆は、使用面積制限

表記されていない物は、使用禁止となっています。

そこで、ある建築メーカーの営業さんの話
家は、シックハウス対策建材しか使用していませんのでと言う話

そこで聞いてみました
シックハウス対策建材とは、どういう物なのか?

すると、先ほどのF☆☆☆☆の等級の物しか使用しないと言うことでした。

そこで思ったのは、この営業さんは、あまり勉強をされていないなと言うことでした。

さて、これはどういう事なのかと言えば

実は、このFと言う等級
このFは、ホルムアルデヒド(Formaldehyde)の頭文字を取っています。
つまり、ホルムアルデヒドを含まれている量を示しているだけだったりします。
シックハウスというのは、ホルムアルデヒドだけが原因ではありません・・・・

こういう事です、ホルムアルデヒド対策にはなっていますが、シックハウス対策では無い!!

まあ、かといって、何もない物を使用するよりはよっぽど良いですが
あくまでも知識として、ホルムアルデヒドだけの物というふうに覚えておいて下さい。

つまり、トルエンやキシレン、パラジクロロベンゼンが含まれていても、それは解らないと言うことです。

他のVOCに関しては、いまだ表記の義務がありません。
自主的にやっている物もありますが、あくまでも規制など入るわけではありません。

家を建てるさいの注意事項として
使用する建材は、本当に安全なのか?F表記だけで頼っていないか?
と、ちゃんと話をする事は、必要だと思います。

そう言う積み重ねが、シックハウス対策で
自分や家族の身を守ります
 
感情的な人の一言には重みがない!!
そんな内容の文章を読みました。
イライラして、同僚や部下に感情的にあたると
その人はそう言う人なんだと思われます。
一度やってしまうと、評価はぐんぐん下がり、二度とは元に戻りません。
それを見て、感情的って良くないなあと感じた、管理人のkokinです


シックハウス対策住宅で、主に使われている建材は
木造住宅をお勧めするのは、私も賛成する所です。

自然に育った木
勿論、天然なわけですから、これほど安心な物はありません!!

そう考えた方!!果たしてそれは正しいのでしょうか?

なんだかいきなり、変な質問を投げかけてみましたが、とりあえず、勧めますね。

数ヶ月前、とある温泉施設に行きました
そこの温泉は、中々泉質が良く、施設も広いため
中々評判が良いそうです。
さらに、満を持して、総檜サウナを作ったそうです。
そのサウナは20畳ぐらいの広さがあり展望窓も大きく
眺めも良い上に、贅沢な檜だけで作ってありました。
勿論、テレビなども完備して、長くはいるための工夫もしてあります。

しかし、サウナに入る人はほとんどが5分もしないうちに出てきます。
高温サウナだからとしても、ほとんどの人がでるというのは
ちょっと不思議な光景でした

体を洗い、その贅沢な檜サウナに入ると、理由が良くわかりました。

さて、何故でしょう?

中にはいると、竹炭が山のように積んであります。
それも、数カ所

実を言うと、檜には、ヒノキチオールという成分が含まれています。
この成分は、防虫効果などあり自然の成分として、注目が高い成分です。
防ダニ・防カビ加工や化粧品などにも使われています。

で、それがなんだ?と言う話なのですが

実は、サウナを檜のみで作ったのに問題があったのです。

実は、サウナの中は高温で、檜の中に含まれるヒノキチオールが大量に揮発しています。
自然の成分だから大丈夫だろう?と思うかもしれませんが
実は、喉が痛くなります・・・・
目も痛くなります・・・・

気持ち悪くもなります!!

そして、室内に注意書きが・・・・
檜の成分が大量に出てしまっているため、体調が悪くなった場合は
速やかに外に出て下さいと・・・・

つまり、竹炭は、その檜成分を少しでも中和するために置かれていた物です。

つまり、安心だろうと思われる物でも、大量に摂取すると

実は危険だったりする!!

このことは認識しておいて下さい!!

まあ、家を建てるのに、総檜作りの家は、よほどの金持ちしか無理でしょうけど・・・・

実は、ここで衝撃な発言をしておきます。
今までも、数度触れてきた無垢材

この無垢材とは

天然な木材の事でそれに相反しているのが、木材を貼り合わせた物を集成材と言います。
合板といわれている物は、この集成材になります。

無垢材の長所は生きている事
呼吸を自然にすると言う利点があるのですが、その反面
反ったり割れたりすると言う欠点もあります。

その欠点のため、クレームが付くのを避けるため、収集材を使う工務店は、非常に多いです。

つまり、無垢材を使用する以上、反ったり割れたりは覚悟しないとダメと言うことです。

そのたびに、修正してもらうか、我慢するしかありません。

そして、最近の研究では
安全だとされている、無垢材にもテンペル類というVOCが放散されることが解っていますが実は、ホルムアルデヒドも放散されている事が解っています。
この事については、まだ知らない人が多い現状でして
そう言う話をすると、自然界のホルムアルデヒドと合成化学物質としてのホルムアルデヒドは違う!!と、反論が帰ってきます。

しかし、自然界だろうが合成化学物質だろうが、ホルムアルデヒドには違いがありません!!
毒性も一緒です

となると、木は使っちゃいけないのか?と言う話になります。

それを差し置いてもて、木材(無垢材)は、安全な部類に入ります。

実際、なんの問題もない建材は、ほとんどありません。
その中でも、比較的に安産な物を使用する

それが一番のシックハウス対策です。
 
夜のドライブをしました
結構田舎の方まで行ったら街灯も無く
真っ暗な世界に
でも、月か赤く染まっていました
何か不思議体験な、管理人のkokinです。

住宅の骨組みができると、外壁を取り付けるために
断熱材を入れることになります。

そして、シックハウス対策

この、断熱材、今の建築物には、欠かせない物になっています

マンションなどでも、必ずと言って使用されています・
素材は様々なのですが

基本的に、安全な物は、全くないと思って下さい。

その中で選ぶなら、ポリエチレンフォームあたりが、お勧めかもしれません。
理由は、燃えにくく、仮に燃えたとしても、有毒ガスを発生しないそうです。

そして、内壁にシックハウス対策を行えば
ほとんど、室内にVOCが入ることも止められます。

と、今回は短いですが、ココまでです
 
売り出し中の土地が、買い手が決まったようで、すぐに家の土台の基礎工事が始まりました。
そんなに早く、家の設計ができるのかと思っていたら
何故か、大手の住宅メーカーの立て看板が・・・・

まあ、大手でも注文住宅はやってるのですが、どこまで注文できるのか・・・・
と、ちょっと考え込んでしまった、管理人のkokinです


さて、シックハウスから見る注文住宅の3回目と言うことで
家を建てていく工程の中で、有る意味重要な基礎工事のお話

基礎工事というのは、家を建てるとき、基礎、水道管や下水管、ガス管の工事とともに、住宅部の基礎土台を作る工事です
木造なら柱、鉄骨作りなら鉄骨柱の、位置がが決まる重要な工事でもあります。(下水、水道、ガスなどは、あとにやる場合もあります)

住宅部の基礎土台工事は
土地に対して、庭、駐車場などをふまえて、風通しの良い位置を、選びましょう。

大半は、生コンと言われる、コンクリートを型枠に流し込んで作ります。

基礎土台


基礎土台はこんな感じです。

この形以外、内側の地面の土の部分が、丸ごとコンクリートのタイプなどもあります。

基礎土台が完成すると建方と言われる、柱を立てる工事が始まります。
そして、棟上げと言われる、梁や柱などの組み上げを行うと
上棟式という、家を建てるときのお祝い行事行ったりします。

建物の工法として、パネル工法など、色々な建て方が有るため
必ず柱を立てるとは限らないのと、住宅メーカー発注の場合
上棟式を全く行わない場合もあります。

上棟式は、気持の問題ですから、できるならやっておいた方が
後々の工事も、気分良くやってもらえます。
細かい内容は、とりあえず省略します。

そして、実はここからが、このブログで伝えたいこと
シックハウス対策
基礎工事後、防蟻対策をするわけですが
通常の、防蟻用の薬剤を使用すると、健康を損なう恐れが有ります。
従来の物に比べると軽減はされているとはいえ
まだまだ危険な物であることは、変わりないです。
多少コストが掛かっても、薬剤の使用は避けるべきです。

基礎部分の防蟻工事は、今後、床下に潜れない場合もあるため
慎重に選びたい物です。

お勧めとしては、備長炭パウダー入りの炭入り塗料で塗装
地面一面に、床下用竹炭や備長炭を敷き占める。
木酢液とヒバ油の使用

こんな感じですがコスト的に言えば
20坪ぐらいで
炭入り塗料が約30万円+工事費
床下竹炭・備長炭なら約20万円+工事費
木酢液とヒバ油なら約16万円+工事費

となります。

+工事費と書いた事を考えてもらうと解りますが
自分でやるなら、工事費は必要有りません!!

つまり、最初にできる、セルフビルド
となります
コスト価格は、おおよその値段出だしていますが
もっと、価格を抑えることも可能です。

私としては、炭の敷き占めと、木酢液か、炭入り塗料を
同時に使うことが一番良いかと考えています。

そのあたりは、予算と相談しながら業者さんとよく話し合うことが大事です。
当たり前のことですが
予算が無いと言って、この作業を省いてしまうと、あとでとんでも無い目にあいますので、この作業だけは絶対に省かないようにして下さい。

薬剤使用と比べると、どうしてもコストは掛かります
しかしながらその中でもコストを下げるためセルフビルドを行えるなら
上手くいくと10~30万ぐらいのコストダウンを計れます。

たとえ、5万円ぐらいだったとしても、積み重ねで、かなりのコストを下げることも可能ですので、コツコツと積み上げて行きましょう。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。