シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2008/05/12(月) 23:49:13

住宅メーカーの現状3

そろそろ梅雨の季節に入りそうです。

仕事柄、雨が天敵なので、ちょっと憂鬱です。

お久しぶりです、管理人のkokinです。

雨が降ると家の外装を良くみてください。

雨が染みこんでいるようなら、その外装は危険です。

基本的に、水という物は腐食や腐敗、カビや害虫などに絡んできます。

外装材は破水性が無くなったときに、塗り替えや張り替えなどをするように心がけてください。

まあ、実際は、破水性が無くなったときには遅いことが多いですが・・・・

と言うことで、今回は住宅メーカーの外装材についてです
[住宅メーカーの現状3]の続きを読む
スポンサーサイト
 
2008/03/15(土) 22:22:33

住宅メーカーの現状 2

中々更新出来ませんでした・・・・

その中、前の内容覚えてるの?と、ある人に聞かれました

実際、続きの話を書くに当たって、、ほとんど覚えています。

意外に記憶力落ちてないなあと思う反面

人の名前がいつまでたっても覚えれない管理人のコキンです、こんばんは

住宅メーカーは色々ありますが、選ぶとしたら、どういう基準なのでしょうか?

大手メーカー?

昔からの付き合いがあるとか?

値段が安い?

様々な理由があるかと思いますが・・・・・

是非、よく話して、知識があり、安全性の高い物を作っているところを選んでください・・・・

まあ、選択の判断に使ってもらえるとうれしいのですが

前回の続きです♪
[住宅メーカーの現状 2]の続きを読む
 
2008/02/22(金) 22:49:00

住宅メーカーの現状

日曜日に、某住宅メーカーが開催する博覧会というイベントに行ってきました。

大手の住宅メーカーのイベントなので

シックハウスについて、色々聞いてみようと

意気揚々と出かけてきたわけなんですが・・・・

さて、その現状は、一体どうだったのでしょうか?

今の世の中,ecoや環境問題など

色々なことを訴えています。

では、自分の家について、どれだけ知っているのでしょうか?

そのレポートチックな文章は、続きを読んでください

[住宅メーカーの現状]の続きを読む
 
最近、健康のために、夜歩いています。
まあ、ダイエットも兼ねているわけですが
夜の街を歩くのも楽しい物です。
でも、不審者と間違われないように気をつけながら歩いている
管理人のkokinです

ちょっと前に、こんな話で相談を受けました。
建て売り住宅を買って、2年になるその人
息子さんのアトピーが酷くなってきたことを考えて
家を改装したいと言う話でした。

しかし、息子のためだと言っても、改装費用が簡単に出せるわけでもありません。

そのため、とりあえず息子さんが生活する部屋を改装する事にしたそうですが、それでも予算が難しいとのこと

つまりどこから改装すると良いのかと言う話でした。

と言うことで、建て売り住宅で改装する時の順番を纏めます。

その家の息子さんの部屋は、壁がビニールクロス貼り。
床はフローリング合板でできていました。天井も木目調の合板が貼ってあります。

さて、こういう時の優先度となると、一体どうなるのでしょうか?

VOCは、基本的に空気より重い
そのため、下の方にたまる性質があります。

となると、どうなのでしょう?
そう考えると、天井?と言うことになるのでしょうか?

実は、優先度で一番高いのは、床のフローリング合板です

何よりも、汚染度が非常に高いのが、このフローリングの合板でして
揮発率も高い上に、人体に一番近い!!

そう言う理由で、まずは、床のフローリングを変えることをお勧めします。

フローリング合板をはずして、無公害の畳に変えてしまったり
無垢材を使用してVOCの率を下げる事が非常に有効です。
ちなみに、ダニアレルギーの人がいる場合は、畳はやめておいた方が良いです。

次に気にする所は壁です
壁のビニールクロスは、その製品だけではなく、それを貼り付けるための接着剤も危険な物だったりします。

壁のビニールクロスを取り外し、内側のボードも取り外し
壁に無垢材を使用する方法
ビニールクロスの上から施工できる、珪藻土を上から盛りつける。
シックハウス対策が、しっかり取れている炭塗料や自然塗料(できたら吸着効果のある物)を塗る
などの対策があります。

最後に、天井は
最近注目されている、珪藻土パネルを使用したり
やはり無垢材を使用すると良いと思います。
勿論、自然塗料などで吸着効果のある物もお勧めします。

と、以上、こんな事を伝えました

天井と壁が、同じビニールクロスの場合、吸着効果のある自然塗料を使用すると、コストが少なくて済みます。

床のフローリングも、無垢材は高いのですが、塗装を自分でやるとだいぶコストを下げる事ができます。

予算に合わせて、考えてみて下さい
今、改装を考えていると言う方で質問などある方は、お気軽にどうぞ
 
雨が降り続いた時があったため
もう、梅雨だと思ってたら、全く雨が降りません
いったい何なんだろうと考えながら
新しい傘を買おうか悩んでいる、管理人のkokinです

さて、前回、外装の塗装と言うことで纏めました
今回は内装の塗装になります。

内装の塗装は、大きく分けると3つの塗る部分が有ります。

一つは、ドアや窓、襖などに付いている枠や、ガラス枠
などの、木部

次に、天井や壁などで、ボードでできている部分の塗装

3つめは、水回りの、鉄部やコンクリート面

と、3種類有ります。

まずは、窓枠などの木部ですが
実は、これは多種多様に有ります。
天井と、壁の境目にある まわりこ
壁と、床の境目にあるのが はばき
勿論、ドアや窓の、窓枠やドア枠

その他いっぱい有ります。

使われている塗料は、オイルステイン・ニス(塗装用語ではクリア)・ペンキ
などが多く、水性塗料が使われていることはまずありません。
すべて溶剤です。(下塗りでは水性を使用することもあります。)

オイルステインというのは、木の木目を綺麗に見せるための塗料で
木に、吸い込ませている程度で、材料は粘度がありません。
その上に、クリア(ニス)で塗って艶を出して、綺麗に見せれるとともに、汚れからも保護します。

ペンキは、洋室や、そのドア似合わせた色を塗ることが多い

最近では、ペンキ仕上げや、オイルステイン仕上げの加工がしてある物を、使用することが有ります。

塗装なのか、加工品なのかの見分け方としては、つなぎ目(四つ角など)に、塗料が入り込んでいるか、いないかです

材質については、弱溶剤を使用していることが多いため、どちらの仕上げでも、毒性はあまり変わりません。

次に、ボード面に塗装がしてある時が、まれにあります。
ほとんどが、水性を使用していますが、油性を使用しているときも有ります。

塗装してあるか無いかの見分け方は、目地がある場合は先ほどと一緒で、目地部に有る隙間に、塗料が流れ込んでいるかいないかを見る。

目地部が全くなく、ふらっと面なら・壁などに付いている窓枠などを見て、隙間が有れば塗装していません。
逆に、隙間が埋まっていて、同じ色が付いていれば、塗装してあります。
材質の見分け方は艶が有る場合は、大抵が、水性です。
つや消しの場合はホームセンターで、外部と一緒で、目立たない所を、ラッカー薄め液で、拭いてみて下さい。

軽く色が取れるなら、油性、取れにくかったら水性です。

3つめの、水回りは
キッチン、トイレ、お風呂(洗面所も含む)が有りますが
キッチンは、最近の傾向として、塗装することはまずありません。

トイレは、むき出しの水道管がある場合は、塗装がしてあるときがあります。
ステンレスや、アルミ、メッキ以外のパイプで色が付いている場合は
弱溶剤の塗料で塗ってあります。
まれに天井が塗ってあることが有りますが、トイレに関しては
油性を使うことはまずありません。(これは、狭いから普通に塗る人が大変なため。)

そして、一番問題なのがお風呂です。
お風呂は、最近の傾向としては、壁はタイル張りが多いのですが
天井は、塗装をしてある場合があります。
基本的に、艶がある場合は、水性の艶ありが塗ってあるのですが
つや消しの場合は、油性が塗ってあると思って、まず間違い有りません。水性のつや消しは、水に対しての耐久性が弱いため
お風呂などでつや消しの水性を塗ることは有りません。

纏めると、木部で使用される塗料は、オイルペイント(ペンキ)もしくはウレタン塗料

ボード部に使用されるのは、水性の艶あり、つや消し、オイルペイントのつや消し。

水回りや鉄部に使用されるのは、鉄部ならオイルペイントもしくはウレタン塗料。水回りの壁や天井は、油性のつや消しか、水性の艶あり

となります。

注意点として、ボード部の塗装が施して有る部屋で、眼が痛いことや喉が痛い・頭痛がする・臭いが気になる場合は、一度専門家に相談して下さい。

特に、トイレやお風呂など、密室になる狭い空間で、そのような症状が起こる場合は、かなり危険な状態です。

その他、最近では、土壁が見直されていて、漆喰や珪藻土などが使用されていることが有ります。
この辺りは、触ってみるとざらざらしています。

どうしても、わからないときは、担当の人に、素直に聞きましょう。

と、以上、塗料について纏めてみましたが
わからないことが有れば、気兼ねなく質問して下さい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。