シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
今日は、車を洗いました・・・・
シックハウス症候群について纏めているのに
車用ワックスを使用しました・・・・
勿論、化学物質いっぱいです!!

でも、どうしても使わないといけない時ってありますよね。
よく考えたら洗車用の洗剤もだった……こんばんわ、管理人のkokinです


さて、長々と続いていた、中級編も、今回で終わります
そこで、シックハウス対策という面でのお話をしますが、
シックハウス対策の具体的内容が書かれているわけではありません、
あしからず。

さて、シックハウスという病気は、昔からあったのでしょうか?
実際、最近ですよね、この言葉を聞くようになったのは

で、どうなのかと言うと、シックハウス自体は、多分存在していました。
となると、何故最近になって、よく聞くようになったのか?
と言うことですが。

それは、今の家と、昔の家の構造上の違いによる物が大きいです。

さて、昔の家と、今の家とは、何が違うのでしょうか?

最近の家は、宣伝などをよく聞いてもらえば解るのですが
高気密・高断熱と言うのが売りになっています。
この、高気密・高断熱というのは、簡単に説明すると

家の外の空気と触れないから、熱が逃げない

まあ、こんな感じです(もっと細かく説明すると日が暮れます)

気密性が高いため、空気が室内などに入り込まない、逆に、室内から空気が出ない。
これが、怖い事だと言うことは、理解できるでしょうか?

実は

空気の入れ換えが無いため、室内の空気が汚れていっても綺麗にならない

空気の入れ換えが無いため、湿気がたまりやすく、カビや細菌、虫などが繁殖しやすくなる

断熱性を保つための断熱材が、空気汚染に関わっている

と、簡単に纏めると、こんな理由があります。
まだまだ、問題もあるのですが、それはまた追々と言うことで。

そして、対策という話なのですが
一番の対策は、空気の入れ換え、つまり喚起になります。

この喚起、昔の家なら、気密性が低いため、自然に出来ているところもあり、それ以外の暑さ対策などで、窓を開ける

ストーブを一定期間使ったら、空気の入れ換えをすると言う習慣があった

などの理由で、家の空気は、案外綺麗だったわけです
さらに、今ほど、化学物質が使われていなかったのも、大きな点です。

最後に纏めると

喚起などの空気の入れ換えが無いため、空気汚染がが酷くなり昔より化学物質が使われるようになったため、空気汚染の濃度が高くなった。

と、簡単に纏めると、こんな感じです。
濃度の高い危険な物質を吸うわけですから、体調不良を起こしやすい

まずは、その事を認識してください、それが、対策の第一歩だと

おいらは考えています。
このことを認識して頂ければ、予防も出来ます。

シックハウス症候群は、親の責任です、慎重に考えてください

これで中級編は終わります、次回からは上級編・対策・予防などです
スポンサーサイト
 
最近、増えているニートと呼ばれる人々
やる気がない・人と会いたくないなどの理由で、引きこもり
生活をしている人々の事らしい

そこでも、変な仮定を立てる、もし、このニートが、化学物質による健康被害で、だるい・イライラする・眠気・脱力感などの症状が起こり
不安感なども入り交じって、ニートになっていたとしたら・・・
と、変な仮定を立てて、ちょっと怖いと思ってる管理人のkokinです。こんばんわ

シックハウス症候群を考えるときに、もう一つの病気を考える必要があります。
それは、化学物質過敏症

実は、この病気は、症状が非常にシックハウスに似ています。

症状は、頭痛・吐き気・目眩・鼻の粘膜障害(鼻水など)・皮膚に紅斑や蕁麻疹・湿疹・痙攣・神経障害・意識混濁・死亡・・・・・

ここで、一つ、きちんとしたことを書きますと

シックハウス症候群とは結局なんだ?と言うことです。

シックハウス症候群とは、シックハウスを直訳すると
病んだ家になります

つまり、家が病んでるために、引き起こされた病気、全般を刺す物で

アレルギー疾患や喘息は、シックハウスから引き起こされた病気となるわけです
(違う物が原因の時もあります。)

そして、この化学物質過敏症も、シックハウスによって引き起こされる病気の一つと、私は考えているのです。
(こちらも原因が違う場合もあります)

さて、何故ここで化学物質過敏症を全面に持ってきたかと言いますと

症状は似ているけど、実はこの病気は、まったく違う物ととらえた方が良いからです。

似てるけど、まったく違う?

意味わからない!!と聞こえて来そうですが・・・・

先ほど説明しましたが、シックハウスは病んだ家が引き起こす病気となるワケなんですが
そこには、アレルギー疾患も含まれていることなんです。

じゃあ、化学物質過敏症は?となると

字を読んでごとく、化学物質に過敏に反応する病気となります

わかりましたか?

この化学物質過敏症は少量の化学物質にも体が反応してしまうようになり、

今まで住んでいた環境下では、まったく住んでいけなくなるのです・・・・

そして、化学物質がない生活を、おくればいいと考えた貴方

そんなこと出来ると思いますか?

わかりますよね?絶対に無理です・・・・・

そして、この病気は医者に行っても、ほとんどの医者が気付きません・・・

大半は原因不明の病気とされてしまうそうです。

そして、この病気、かかったら最後完治するのはほぼ不可能のようです・・・・

そして、この病気を、きちんと診断できる医者も、ほとんどありません・・・

参考資料として
つい先日5/13に、NHK教育テレビで放送された、きらっといきると言う番組で

第282回 治る希望をつかみたい~化学物質過敏症・古村美樹(こむら みき)さん~
と言う内容の番組がやっていました。
正直、化学物質過敏症がどういう物かがわかります。
リアルプレイヤーを使用すると、番組を見ることが出来ます
リアルプレイヤーは無償版があります。良く読んで無償版をインストールしてください。
掲載されている文章でもわかりますが、実際の映像を見ると、この大変さがよくわかります・・・・
古村さん頑張ってくださいと、エールを送りたい気持になります

番組HPは、こちらからいけます
 
さて、揮発性化学物質を、ようやく纏めましたが
難しすぎて、実際ダレも読んでないような気分な管理人kokinです。

さて、これまでは、揮発性化学物質シックハウスの原因だと書いてきましたが、実は原因因子は、他にもあります。

取りあえず、大きく纏めると


①化学的な因子

②生物的な因子

③物理的な因子


この①に揮発性化学物質が含まれているのですが、それ以外に

二酸化炭素・一酸化炭素・窒素酸化物・塩素・鉛粉塵・タバコの煙・排気ガスなどです。

②の生物的な因子というのは

細菌類(ウイルス・カビ・菌類・バクテリアなど)・植物の花粉・寄生虫・蚤・ダニ・虫(蚊や蝿など)・ペット(毛・糞・皮膚片など)

③の物理的な因子

高熱・ストレス・湿度・光・騒音・電磁波など

となります。

空気を汚染する物から、人間の体質機能まで、実は様々な因子があるのです。

そして、何故、化学物質を主で書いているかと言えば
基本的に、見えない物・知識が全くない物・家その物が放出している物

の3つの理由があります。

②や③の物質などはある程度の知識はあると思います。

しかし、化学物質が人間に与える影響というのは、知らない人の方が多いのです。

今後も、化学物質を中心に書いていきますが、これだけが原因ではないと、しっかり頭にいておいてください。
 
やっと揮発性化学物質の最終回に!!
問題視されている13種類の揮発性化学物質の、残り5つを纏めます

を読んでない人は、先ずそちらを読むことをお勧めします。

[シックハウス症候群中級 その3 揮発性化学物質3]の続きを読む
 
問題視されている、揮発性化学物質13物質の解説
その2です。
の続きですので、是非ともからお読み下さい。
ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・パラジクロロベンゼンについては、ご理解頂けたか?・・・
文才がない私としては、ちょっと心配ですが、続けて今回も4物質について纏めます。
どうかお付き合いください
[シックハウス症候群中級2 揮発性化学物質2]の続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。