シックハウスから見る家の購入&賃貸
建設業からの視点で綴る意外に知らないシックハウスとアレルギーアトピーの関係!!
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
ノーベルのVC3000のど飴の宣伝を見たことありますか?

舐めたらあかん~舐めたらあかん~

人生舐めずに、これ舐~め~~て

と、天童よしみさんの歌あのCMです。

見たことない人には、わからないネタなんですが

この歌

舐めたらあかん~舐めたらあかん~

人生舐めずに、これ舐~め~~て

この後に

VC3000のど飴~(ぶいしーさんぜんのどあめ~)


と続くのですが

実は、つい最近まで、そのVC3000のどあめ~の部分を

おいしい3000のど飴~


だと、思いこんでいて、最近この事を気づいたとき非常に恥ずかしく思えた

管理人のkokinです。


この前、のど飴を舐めているとき

人と話ながら、料理を作っていました。

そのときに、あまりにもおもしろい会話だったので、思わず、のど飴が吹き出ちゃいました。

下に落ちたわけですが、クッションフロアーという、床材の上にボトっと落ちました。

まあ、家の中ですから、たいしたことないわけですが。洗ってふたたび舐めちゃいました(ぉ

その、クッションフロアーというものは、どんなものなのかわかりませんよね?

クッションフロアー2


クッションフロアー




こんな感じのものです。

賃貸物件なら、よく台所や、お風呂の脱衣所、洗面所、トイレなどの、床に貼ってあります。

このクッションフロアー、耐水性もよく、ある程度の衝撃吸収もしてくれるため

防音効果、防水効果に、優れています。

最近では、このクッションフローで、フローリング柄などあるため

コストがかかる、フローリングではなく、クッションフロアーで代用しているところもあります。

このクッションフロアー、ビニールなどでできているため、加工もしやすく

汚れに強いうえ、コストも安いという利点があります。

しかし、先ほどもあげたように、ビニール製で、できているため、

化学物質をふんだんに使用しています。

基本的にこの手の物質は、いいものはありません

基本的に、見栄えがよく、加工しやすく、コストがかからない、という観点から

クッションフロアーを使用していることが多いのです。

この、クッションフロアーは、下地に板類が張ってあればいいのですが

コンクリートに直接貼り付けてあることもあります

脱衣所、洗面所などは、特に水気を嫌いますので、その傾向が多いようです。

この場合は、コンクリートの冷気が直接伝わるため、冬場は、とても冷たいです。

この、クッションフロアー

取り外し、違うものに変える場合はどんなものを選択するといいでしょうか?

基本的には、畳や、フローリング材と一緒で、無垢材を使用するのがよいかと思います。

コストから考えると、どうしても値段がかかってしまいますが

安全には変えられないと思います。

クッションフロアーも、シックハウス対策として、ノンホルムタイプがあるようです

どうしても値段を抑えたい場合は、こちらの使用をおすすめします。

もちろん、今までの下地、接着剤などの、下処理として、炭塗料で押さえるというのも、お忘れなく。

そして、ノンホルムタイプの接着剤を使用するようにしましょう。

こちらも、最低限、ホルムアルデヒドだけでも減らしていればという考えの基です。

完全なシックハウス対策とは言えませんが、何も考えずに使用するよりはまし!!


そう認識しておいてください
スポンサーサイト
 
コンビニで、最近、虫の侵入防止のために、入り口で扇風機をかけている所があります。

特に、夜が多いようで、けっこうな防止効果はあるようです。

まあ、そう言ったコンビニでの話なのです

買い物も終わり、レジでお金を払ってさあ、でようとした時

一人の女性が店に入ろうとした瞬間、スカートが、ばさっと

めくれ上がったわけです!!

もろに、おパンツが見えちゃったわけですが・・・・

思わず、ごちそうさまでしたと言ってしまった、管理人のkokinです。

壁紙の改装と言う事になりますが

まず、見てほしいのは、壁紙の材質です

もし、紙や布で出来た壁紙でしたら

取り替えない方が良いです。

壁紙が、ビニール製だった場合は、

壁紙の交換

塗装をする

壁紙の上から施工出来る、珪藻土などを上から施工する

このような対策をします。

壁紙の交換と言う事になる場合は

壁紙を剥がしたあと、ボードなどの壁材を交換する事はほぼ出来ません。

そのため、ボードの上に、シックハウス対策の炭塗料などを下地として塗ってください

この炭塗料は、下地についている接着剤などに含まれている、有害物質を吸着してくれる作用があります

さらには、

調湿効果

電磁波を吸着

マイナスイオンをだす

防虫効果

などもあります。

勿論、その上には、ノンホルムタイプの接着剤を使用して

布か紙の壁紙を使用してください。

現状では、接着剤では、ノンホルムタイプが一番安全だと思います。

(勿論、ホルムアルデヒドを押さえただけの物質のため、絶対安全とは言えません)

壁紙を塗装する場合は

シックハウス対策用の

自然塗料

ミルクペイント

ホタテ貝塗料

などの水性塗料を必ず使用してください。

吸着効果がある物もあり、現状のビニールクロスよりは、よっぽど安心です。

続いて、壁紙の上から施工できるものが、最近話題になっています。

漆喰や、珪藻土がそうなのですが

本来は、出来れば、壁紙を剥がしてやる事をお勧めします。

漆喰や珪藻土は、調湿効果が抜群にあります

つまり、湿気を調節してくれるので、冬場の結露なども、少なくすみ

カビの発生も抑える事が出来ます。

化学物質の吸着効果も高い効果が望めますので

一番のお勧めかと思います。

ただ、問題は、コンクリートのように堅い物では無いので、傷つきやすいと言う面があります。


と、淡々と纏めてみました。

勿論、改装するのであれば、大家さんなどの了承は必ず得てください。


 
イカは遺憾・・・・

意味不明な事を考えながら、ビール片手にさきイカを食べている

管理人のkokinです、こんばんわ


シックハウスから見る賃貸物件の2回目と言う事で

賃貸物件に住むとき、住んでいるときのシックハウス対策を、考えて行きましょう。

まず、最初に、確認、もしくは思い出してほしい事は

契約時の条件です。

一体何の事?と思った人もいるかとは思いますが

確認してもらいたいのは

契約解消時に、契約時と同じように室内を戻す。

この条件が有るか無いかです。

その条件が有った場合は

保証金の有無も確認しておいてください


上記の条件によって、シックハウス対策が変わってきます。

まず、ここを理解してください。

というのは、

この時点で、改装が出来るか、出来ないかが決まってくるからです

入居時と同じような状態に、室内を戻す

と言う事は、基本的に改装などはしてはいけないと言っているような物なのです。

保証金をある程度の金額を払っている場合

その保証金は、契約解消時に室内を改装して綺麗にする時に使われます。

つまり、その改装費が少なければ少ないほど、保証金が返金される仕組みになっています

最近は、保証金は全く返金されないタイプもあるそうなので、その辺りも確認してください。

そして、改装をする事は、管理会社や大家さんには必ず伝えてください

そうしないと、トラブルの元になります。


と言う事で、改装を許可してもらえたら

改装によるシックハウス対策を、していきましょう。

賃貸物件の改装する点は、



壁紙

フロアークッション

フローリング

この辺りの改装になります。

そのうちに、今回は畳について

アトピーなどが酷い家族をおもちの方は、ダニアレルゲン現象を考えると
畳の部屋を減らす事を選択すると良いと思います。

畳をはずし、無垢材をフローリングの床のように綺麗に敷き詰め

色づけをするのであれば、低公害水性ステインもしくは、自然成分配合の、アルコールステインで色を付けると良いでしょう。

その上に、傷防止として自然塗料系のクリア(ニス)や蜜蝋ワックスなどを塗り、保護膜を作ると長持ちします。

蜜蝋ワックスは、ミツバチの巣から取り出した、天然成分のワックスです

ここで、注意点としてはホルムアルデヒド対策を取った塗料は、シックハウス対策ではなく、ホルムアルデヒドのみに講じた対策です。
何も無いよりは良いですが
間違っても、ホルムアルデヒド対策塗料で、油性塗料(トルエンやキシレンを使用した物)は、絶対使わないでください。

畳をただ替えると言う事であれば

抗菌、防ダニ処理などされていない

昔ながらの畳を選んでください。

抗菌、防ダニで使用されている、化学物質は、意外に危険なため、お勧めできません。

値段は、通常の物より、少々値が張りますが

自分で手入れをする事で、長く使用できます。

畳を替えたら、木酢液などで防虫処理をすると良いかもしれません。

私は、畳の上で寝るのが大好きなので、畳の部屋が無くなると辛いですが、アレルギーの家族がいらっしゃるなら、畳の部屋を無くすと言う事も、シックハウスの上でも、アレルギーの上でも高い効果の対策だと言えます

畳を無垢材のフローリングにする場合は、特に大家さんに説明して、承諾を得るようにしてください。

次回は壁紙の改装です
 
うちの近所に、大型ショッピングモールがあります。
スーパーに、家電屋さん、衣料品に、トイザらス
などが入っています。

そこのフードコーナーで、おいらは良くソフトクリームを購入して食べてます。
オヤジのくせに、ソフトクリーク大好きなんですw

まあ、大型のショッピングモールのため、そのフードコーナーも人がいっぱいいます。

で、つい先日の話
ソフトクリームを食べて、さて帰ろうと思ったとき
一人の知らない女の子が、ソフトクリームをもって走っていました

ちょうど、おいらの横を通るとき、ソフトクリームのクリームだけが、コーンの上からはずれて落ちてしまいました。

そこで、何を思ったか、おいらは手で、そのクリームを受け取ってしまったのです。

綺麗とも言えない手で受け取ったクリームを、
どうしようかと、しばらく考え込んだ管理人のkokinです。

さて、今回からは、タイトルに有る賃貸の、シックハウス対策を考えて行きたいと思います。

まず最初に、賃貸物件に住んでいる人は沢山いると思います。
賃貸物件を選ぶ基準はどんな事でしょうか?

料金でしょうか?

交通便がいいとか?

新築がいいとか?

部屋が綺麗や、可愛いとかが良いとか?

間取りが良いとか?

理由はいっぱいあると思います。

ここで少し考えてください。

新築以外で、物件を探したときは

室内はどうしているでしょうか?
















答えは、大半は、クリーニング及び改装をしています。

そんなことは解ってる!!と、言われそうですが

では、改装とはどのようなことをすると思いますか?

一般的には、汚い所を綺麗にすると言うことで

壁紙の取り替え、襖や障子の張り替え

ドアなどの補修

壊れた物の補修(風呂釜や換気扇など)

こんな感じです。

実は、ここからが大事な部分です。

実は、建築法の中でシックハウスの規制がが有るのは
新築時の時だけだったりします


つまり、法での規制は、新築時の時に有るだけでして

改装したときは、一切規制が有りません

そして、改装などにお金を掛けてしまうと儲けが無くなってしまうため

出来るだけ安く改装しすると言う事になり

シックハウス対策などは、全く無し

つまり、危険な揮発性化学物質は、出まくっていても
全くお構いなしになります

そのため、健康被害に陥ってしまう事が、多々有ります。

そして、実は改装だけではなく、

クリーニング業者の、洗剤の使用や

ワックスの使用

畳などの消毒などでも、室内汚染がされてしまいます。

つまり、すべてが良い事に働かないと言う事です・・・・

と言っても、賃貸物件を借りないと生活できない人いるわけです。

とりあえず、下見の段階で、

臭いが凄く感じられた

目が痛くなった

喉が痛くなった

肌がぴりぴりした


などの症状が出たときは、かなりの汚染度だと思って頂いて間違い有りません。

出来れば、そう言う物件は避けるべきです。

下見の段階で、しっかりその辺りは確認しましょう!!

シックハウス対策は、まず物件をよく見て感じてください

と言う事で、初期段階の知識は、ここまでです

次回は、賃貸物件に住んでからの対策を考えます
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。